旭川で平屋・一戸建ての新築住宅を建てるなら|ビーンズ株式会社

旭川で新築注文住宅ならビーンズ株式会社

  • 0166-73-8639

0166-73-8639

営業時間 9:00~17:00

新着情報

コラム2022/04/11

和風にしたい!間取りも気を使いたい!注文住宅には家相も大事|旭川

昔の人は家相を大切にしていた。

こんな話を耳にしたことはありませんか。

旭川に和風の注文住宅を建てるときは間取りも重要ですが、家相も大切にされています。

 

家相とは一体どんな考え方なのでしょう。

旭川の和風注文住宅を建てるときに知っておきたい「家相」について解説します。

 

■家相について

 

家相はり良い和風の家を建てるために考え出された風水の一種です。

現在でも旭川の和風の注文住宅を建てるときは間取りなどに家相の考え方が使われることも珍しくありません。

 

よく「お手洗いは北側(鬼門)を避けた方が良い」といわれますが、この間取りの考え方も家相のひとつになります。

北側は冷える方角です。

また、水気の多い方角ともいわれています。

そのため、現代でも旭川の和風注文住宅の間取りを考えるときは、お手洗いは鬼門の方角を避けられる傾向にあるのです。

 

この他にも旭川に和風の注文住宅を建てたいときに役立つ家相の知恵はいろいろあります。

玄関は鬼門や裏鬼門を避ける。家の中央に階段を造ると家族のトラブルが増える。

このような家相の話を聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キッチンは西側を避けた方がいいなどの家相もあります。

 

旭川に和風注文住宅を建てるときは、注文住宅を建てる前の間取りや設計を考える段階で家相について検討したり、家相を取り入れたりします。

旭川の和風注文住宅の間取りや家相をふまえて検討して決めて、それから注文住宅を建てるという流れです。

 

■家相は迷信じゃなく科学的な考え方

 

家相は気にする方とほとんど気にしない方がいます。

家相を取り入れた間取りや設計にしたいという方もいれば、家相を取り入れるより、注文住宅のデザインや好みの間取りを重視したいという方もいらっしゃいます。

家相を迷信や占いのようなものだと考える方も少なくありません。

 

和風注文住宅を建てるときの家相は迷信や占いではなく、科学的な考え方であり、一種の学問です。

旭川をはじめとして日本全国の和風建築の知恵や経験が集約されているのが家相です。

より良い旭川の和風注文住宅を建てるために役立つ科学的な考え方が家相だといえるでしょう。

 

ただ、家相を取り入れるかどうかはケースバイケースです。

なぜなら、家相を取り入れた結果、好みとは真逆の間取りになってしまうことや、家相を取り入れることでコストがかかり過ぎることなども考えられるからです。

旭川の土地にはそれぞれ特徴がありますので、土地にあわせた家相を取り入れる工夫が重要になります。

 

■最後に

 

旭川の和風注文住宅を建てるうえで家相は参考になる科学的な考え方です。

家相には家つくりの知恵がつまっているので、間取りや設計などに家相を活かしてもいいでしょう。

ただし、予算や好みについても考えなければいけません。

 

予算や好みなどと家相を両立させるためには、専門家の知恵が必要です。

旭川の注文住宅のことなら、専門家であるビーンズにお任せください。

より良い旭川の住まいを提案いたします。

一覧へ戻る