家相健康で楽しく明るく、人生を過ごして頂くために

「三所」と「三備」について家相で注意するポイント

「三所(さんしょ)」とは

「三所(さんしょ)」とは

「北東の鬼門(丑寅)」
「南西の鬼門(未申)」
「家全体の中央」
の方位を指します。

北東は表鬼門・南西は裏鬼門と呼ばれ、災いを招くとし忌み嫌われる方位です。

建物の中央は、一家の主人を表わすとして重要視されています。

「三備(さんび)」とは

「三備(さんび)」とは

「厠(かわら・便所・トイレ)」
「竈(かまど・台所・キッチン)」
「湯殿(ゆどの・風呂・システムバス)」
の三つの備えを指します。

この三備は、汚れや老廃物を発生させる場所であることから、不浄の場であると云われています。

よって、この北東・南西・中央の「三所」に、トイレ・台所・浴室の「三備」を置くなかれと云われます。

家相においては、東北・南西方位の鬼門を忌み嫌っており、家相の古書では、徹底的に鬼門を避けなさいと記されています。
そこで、東と南は「陽」、北と西は「陰」とされ、鬼門の北東と南西は「陰と陽」の境になり、変化が大きい方位なので慎重にすべしと云われます。
時刻でいうと、北東方位は闇の最も深い時間帯から夜明け前にかけてのこと。
また、季節でいうと冬の終わりから春にかけての物事が終息を迎える頃。
そして、新たな「生」に転じるプラスのエネルギーが発生する場所でもあるために丁寧な扱いが必要とされています。
鬼門は忌み嫌われるという云われの他に、神々が通り抜ける方角とされ太陽が生まれる方位(生門)であるために、 清浄の気を保つことが大切であるという考え方もあります。

しかし、トイレや台所、浴室の場所ばかりを気にして間取りを作り、いざ住んでみるとじつは住みづらい間取りになってしまっては意味がありません。 家相は、間取りの一部だけを考えるのではなく、立地条件や住む人の家族構成、年齢、ライフスタイル、動線などをしっかり考慮のうえ、 家全体でのトータル配置をします。人も家も健康であり続けるために、言い伝えを上手に生かす工夫があっても良いのではないでしょうか。

トイレ不浄と云われる「トイレ」

家相の古書には、「厠(かわや)は、臭穢(におい・けがれ)を止(とどま)る所ゆえ、坤(こん)・艮(ごん)の此の二方は、 家業を防事繁く或いは病災を発し子孫を絶やし養子相続の家となる」と記されています。

解釈:これは、トイレが排泄物による臭いや菌などがいつもとどまっている場所であるので、 南西の坤(ひつじさる)や北東の艮(うしとら)の方位に構えると家業の発展を妨害し、病気などの災いが訪れ病気になる。 また子孫が絶えるので、養子をとって家業を相続させなければならなくなると云っています。

トイレ・浴室・台所は、不浄の場とされてきており、 トイレが現在のように水洗ではなかったため特に嫌われ、宅内から離れた場所に設置されてきました。

確かに鬼門とされる南西の強い陽射しには、物を腐敗させる力があり、人も体がだるくなるなど良くありません。 特に夏の時期は臭いと細菌により健康を損ねていたのでしょう。

そして、北東の鬼門方位は冬期間大変寒さが厳しく、日の射さない暗い方位であり、 湿気がこもりやすいので、健康を損なう危険性があり、決して良くない環境であったのです。
昔のトイレと現代では、環境が大きく変わっていますので、昔ほど神経質になる必要はありません。

それでも是非避けていただきたい方位があります。
それは、北東・南西方位の両鬼門。
南方位及び建物の中央です。
また、自然な通風対策として必ず窓の設置が必要ですから、外壁側で間取りをされてください。

これらを意識して、間取りのゾーニングをされてから相談されると良いでしょう。 トイレは、明るく・清潔に・暖かく・窓による通風をしてより吉相ですから、 方位が与える四季現象などを考えて間取りをして頂きたいですね。 すっきり、ほっとするために・・・。

キッチンは天地の恵みで生命に新しい力を頂く要所なり奥様のこだわりの場所「キッチン」

昔は、竈(かまど)と言われ、薪(まき)で火を燃やしていましたので、風による火災が起きるのを防ぐ必要があったのです。 そこで風向きを考えて家を建てたり、火を使う方位や場所を考える必要がありました。

家相古書では、竈を構える方位はもちろん、薪をくべる火口がどの方位を向くかで吉凶が判断され、述べられています。 火口の向きが西・西北に向かうは散財(財産をなくす)を生じる。北や北東の鬼門にあると病災が生じる。 南西の裏鬼門は、主婦に災いが起きるなどと伝えられてきました。

かつての台所は、まきの燃えカスや灰が散乱し、調理の臭いなどが発生することから、 家の中でも暗くて寒い場所に設置されていたものです。

昔の人は火が食べ物や家族を守る神として位置づけ、火の災いが起きないように特に注意をしていたようです。 つまり、火災で人命や家産を失う事に対する「予防のための家相学」でもあったのです。

現在でも火災は大変な事ですが、その「火」にしても、今ではIHヒーターにより「火」そのものが出ず、より安全になっています。 昔のかまど時代と違い、燃えカスや灰での人体に対する災いもほとんどありません。

また、現代の竈は、とっても素敵なシステムキッチンやアイランドキッチンなどの登場で、 ある意味、見せるものになり、すっかり家の主役になっていますので奥様にとっては、気になる所ですね。

そこで、家相上どうするか?
お奨めできないのは、北東・南西の両鬼門方位と中央及び南方位です。
大まかに良いであろう方位は、東・東南・真北をはずす北方位です。

北海道の冬期間の北方位は、特に足元が冷えます。
立ちながら水を使い炊事をし、これに足元の冷えが加わると健康上、決してよくありませんよね。
北方位は、足もとの冷え対策などを検討する必要がありますが、まずは配置されてみて、共に考えます。
最初の間取り計画をする上で、これらに注意して考えてみましょう。

北方位に構えて南を向く対面式などの場合、暖房が流し台でさえぎられ足元が寒く冷えを生んでしまいます。
しかし一方では、ドアの開閉で流れ込む冷気を塞ぐことにもなります。
冬期間だけ足元暖房機を置くなどの対策もありますが、これらを含めて事前に配置をしっかり検討して行きましょう。
キッチンの位置は、リビングとの関係でほぼ決まりますが、 奥様が思い描いていたプランや使いやすさ、動きやすさを優先して描いてみましょう。

また、臭いや油煙などがこもりますので、風通しでの自然換気は必ず必要です。 換気と明るさを意識して窓の設置を工夫致します。
命の糧であり、生きる上で必要な食事を作る大切な場所であります。 どこに配置するのかも大事ですが、清潔感があって、自然の明るさがあって、暖かく、風通しが良く、 楽しくお料理できるキッチンにしたいと思います。 お料理を作っている奥様の横で、お子さんと一日の出来事を語らいながら・・・。

浴室禊してから清らかに「浴室」

家相の古書には、浴室は膩「じ」(あぶら)、垢「く」(あか)、臭穢「しゅうるい」(けがれ)を洗浴するゆえ最も不浄の所。
常に濁湿「どくしつ」(湿気)の気を止むる(とどむる)を以(もっ)て、坤(ひつじさる)・艮(うしとら)の陰位を構える事、凶なり」
「此の二方は種々災害ありて、家運傾廃する事を主どる」と記されています。

解釈:これは、浴室は一日生きた証しであり、心身に付いたよごれとケガレを落とす最も不浄の場であり、 また、いつも湿気がある所である。 よごれ、ケガレ、湿気は「陰」であるから、南西の坤(ひつじさる)方位・北東の艮(うしとら)方位の場に構えることは凶であり、 設置すると様々な災いがあり、家運から見放され、いずれは滅ぼすだけの凶意があると云っています。 恐ろしい文言が並びますが、それだけ注意しなさいということですね。

ケガレとは、人が生きている限りどうしても負ってしまう「よくないもの」で、 人の体から離れていく皮膚(アカ)などの他に、自らも発生させたり、 人から自然にもらってしまう妬み・嫉み・嫉妬などの様々な「気」があります。 私たちは日々の生活の中で、どうしてもこれらのケガレを負ってしまうんですね。 つまり、ケガレは生きている限り、毎日必ず生じ、社会的なものや自然のものも避けられない場合が常にあるということになります。
そこで、これらのケガレを祓って清める必要があるために、水、火、塩などによる禊(みそぎ)を行って除かれると考えられており、 なかでも水はもっとも霊力が強いとされています。

体や物を洗う、ケガレを移した物を川や海に流すという風習が今もいたるところで行われています。
そこで、 私たちは家庭のお風呂で洗い流す簡易的な禊をしていることになるのです。 「けがれ」は、「気枯れた人」。「腐る」は、「気去る」 って考えられ、日本語には、「気」 に関係する言葉がたくさんあります。
「元気」 「陽気」「陰気」「本気」 「根気」 「病気」 「のん気」「やる気」 等々・・・。 みんな、心や体の働きや状態を表した言葉です。これらの「気」を正常にリセットするためにも、浴室は特に無難な間取りをする必要があります。

そこで、最初の間取り計画では、
浴室が両鬼門(北東・南西)にかからないようにする。
また、南・中央・真西を避けることです。
そして、配置して構わない方位は、東・東南・西北・北(真北を避ける)・西(真西を除く)です。

また、冬場の入浴時、急激な温度の変化によって体がダメージを受け、ヒートショックを起こします。
暖かい居間から寒い脱衣室で脱衣をし、寒い浴室に入り、今度は熱い湯の浴槽に入ることで、 血圧の上昇や下降を繰り返し体に負担をかけることにより起こりやすくなるのです。 北海道の場合、特に脱衣室や浴室内の暖かさには注意が必要なのです。