家相健康で楽しく明るく、人生を過ごして頂くために

我が家の価値ある住宅設計

幸せの価値観が人それぞれ違うように、「家相」というもの
に対しても価値観は当然ながら違うでしょう。ですから無理
に押し付けるものではありませんが、当社はご縁する方々に
健康で元気良く、明るく楽しく人生を過ごして頂くために、
お客様のご希望やご要望に添いながら、当社が持つ家相の知
識において微調整しながら間取り設計をご提案しておりま
す。良い家相の家を持つことは運勢を旺盛にします。そし
て、 その運勢が継続し、さらに発展するべきものであって
頂きたいと切に願っております。

家相を取り入れる間取り設計は、
〝大難を中難〟に、
〝中難を小難〟に、
〝少難を無難〟にするための手段です。

家相は、「自然の四季」など、気候の変化から受ける住む人の健康と命、家や畑など、 暮らしていくための生活基盤をいかに守り発展させるか、 そして、自然現象から受ける恩恵をいかに最大限に活用するかという昔の人の智恵と工夫であり、 子孫繁栄や一家一族のさらなる発展を願う事から必要とされていたものです。

そのために、「家相が良ければ家運が向上する」と考えられていました。
家相においては、家を建てるのにふさわしい土地か。
土地に対して、家を建てる位置や家の形はどうか。
家の向きや玄関の方位と向きはどうか。
キッチン、トイレ、浴室などの位置はどうか、などの様々な決まりごとがあり、これらが、今日に言い伝えられて来ているのです。

家相のこれらは、様々な事例や事象からその都度法則を発見して、 それらを組み立て統計学として構築されてきました。

当社は、家相をご縁ある方の住まいに採りいれ、より豊かに健康で日々の生活を過ごしていただきたいと考えています。 住まれた後での心配事を残さないためにも、先人の言い伝えの統計学を無視する必要はないと思います。

現実には、家相による災いであると判断できる事象が存在していることも・・・。

必要な言い伝えを踏襲し、現在の進化している住宅の技術や住環境をしっかり取り入れ、 健康で元気良く、永く住み続けることができる「無難な家」を作る必要があると思っております。 全てにおいて、万全を期するために・・・。

秘蔵家相書

日本に家相が伝わったのは、5~6世紀頃と言われており、 奈良時代の都づくりや宮廷の建物に利用され、江戸時代に入り、 家づくりの指南書として広まったと云われ、数多くの家相本が発行されました。

「より住宅設計」を考えた家づくり家相は「家の相」「清の相」「人の相」の三つが揃って大吉相

家の相

「家の相」

家相は、人命や家屋そして生活の基盤を守り、 より発展するために生まれたものであり、この願いを成就すべきための智恵です。

家相の普及・発達した時代から考えると現代の住まいの環境は劇的に進化していますので、 現代の住環境に即した「家の相」を積極的に取り入れ、間取りを工夫致します。

清の相

「清の相」

それは、どんなに家相での間取りを取り入れたとしても「家の中の清掃」が行き届いていない場合、問題ありですね。

玄関の靴などが乱雑になっていたり掃除が行き届いていない、空気が澱み換気がされていない、 トイレの清掃や換気が行き届いていない、浴室の毎日の水抜き・湿気取りや清掃を怠ったり、 キッチンが乱雑で清潔にしていないなど・・・。

人の相

「人の相」

そして、住む人の考え方の問題です。
夫婦間の問題が絶えなかったり、親子間の絆が薄れ、亀裂が起きたりなどの様々なトラブルが発生する問題です。

家庭内において、いつもいざこざの問題が起きたりなどは、住む人の考え方や性質であったり生き方の問題であろうと思います。

住まいは、家庭という広場。
広場は、家族みんなの場所。
そこでは「思いやり」「いたわり」「やさしさ」
を持って、住む人それぞれがお互いを尊重してお互いの欠点を補い協力する。

明るく、元気よく、心豊かな共生が基本だから広場は、いつも居心地ががよく、いつも明るい陽がさすのだと思うのです。

間取りプランのコツ光・風・気

間取りを決めていく場合、家の中をリビング、キッチン、浴室などと、大まかに区切って、楽しみながらプランを作ってみませんか?
まず、何件かの土地の候補が出てきた時に、その土地で「この土地ならリビングがこうで玄関がこうできるなあ~」と、 書き出してみると意外と面白いですよ・・・。
次に、キッチンは対面がいいな~、洗面や浴室はこの辺にあると便利だな~と、少し具体的にイメージする。
それから、朝・昼・夕の太陽の陽射しが効率よく取り込めるか、隣りや向かいの建物で光が遮られないかなど、確かめながら進めるのがコツです。
また、冬期間の雪の問題があります。希望する屋根の形で土地に対しての建物の配置が変わりますのでアドバイスを致します。
これらのイメージを持っていて頂くと当社が図面を作成した際、 自分たちの希望と家の形や間取り、車庫や駐車場スペースなどが、おおまかに合致するので、大幅な変更には至りません。

そして、当社が作成した図面を元に細部の検証開始です。
当社に、ここは「こうゆうふうにしたい」というイメージも含めてしっかりお伝え頂き、図面を完成に向けて進めて行きます。

この進めて行く際、自然の方位現象が各部屋にどんな影響を与えるかをイメージされると、完成形がもっとリアルになります。

例えば、
「東方位は、朝日を受けて気持ちがいい」
「南方位は、明るい、陽気、夏は暑い」
「西方位は、西日、暑い、夕暮れの明るさ」
「北方位は、暗い、寒い、しかし落ち着く」
などです。

そこから、
「東方位の朝日を受けるキッチンで朝食の準備をができたらいいな~」
「朝日を受ける寝室がいいな~」
「北方位に寝室や書斎があったら落ち着くな~」
「西方位のトイレは、夏だと蒸し暑いな~」
などと考えてみましょう。

そして、
「各部屋に開閉窓があり、爽やかな自然な風が入ってくるか」
「家全体の風通しが良くて「氣」がいいのかどうか」
「リビングが、陽射しをたっぷり受けるか」など・・・。
生活をするうえで、ごく当たり前とされている事の対策をしっかり検討する必要があります。

もちろん当社は、これらの事を万全に考えて図面化してきますが、 自分なりに住んだつもりになってイメージして頂くと意外なアイディアが出るものです。 この部屋は寒いから暖房機が必要、湿気るから換気扇や自然の風を採り込む開閉する窓が必要、 片方にしか窓が無いので、風が吹き抜けないなども・・・。

住みにくい家は、つい間取りばかりに気を取られ、 住んだ後に「ここに小さくても開閉窓があったら良かったね」などとなってしまうものです。

風通しを考える
風通しは「氣」のよい住まいには大変重要です。
窓の設置場所を工夫し、しっかり風が通りぬけるようにしましょう。

明るい暗い・寒い暖かい・落ち着く落ち着かない・湿気る・家の中全体に風が通るかなどは、どなたでも想像できることばかりです。
どうぞ、おろそかにせず、間取りプランから始める家造りを成功させましょう。

おろそかにしなければ、「気」の良い住みよい家になりますし、 もちろんお客様の立場にたった適切で具体的なご提案をさせて頂きます。

家の欠け張りの吉凶建物の張りと欠け、吉凶を生ず

家相では、建物の外壁の形において吉凶が伝えられています。
最近では、敷地の都合やデザイン・好みなどで建物に出っ張るところや引っ込むところが出てきます。
この出っ張り部分を「張り」といい、引っ込み部分を「欠け」と言います。
この張りや欠けで、運勢の向上・衰退があるとされ、家の形が住む人の運勢を左右すると云われます。
建物の欠けは、運勢に影響を及ぼすだけでなく、建物を凹凸にすると必ず影の箇所が発生し、 腐食などを発生させ、建物の寿命も短くなるなどの弊害があります。
これらを踏まえて、当社は、お客様のご要望やご希望を柱として設計にあたります。

「家を建てるとき、方位は関係しますか?」

関係します。 その方にとっての最良な方位がありますので、土地も同時に求める場合は、 その最良の範囲内で探すことになります。 もちろん当社が責任を持って、良い土地をご提案致します。

「家を建てる時期って関係ありますか?」

あります。 家を建てる際の時期は大変重要だと考えています。 年回り・月回り・日回りが存在しています。 当社でアドバイスができますので、ご安心ください。

「土地は、気に入ればどこでもいいですか?」

家相の一部に「地相」というものがあります。 この「地相」の中では、おすすめできない土地の条件などがあり、これらを避けることが望まれます。 土地の履歴・近隣の騒音などの確認も致します。

「古い家を壊して建て替える場合、どんなことに気をつけたらいいですか?」

まず、解体するにあたり、「解体清祓式 かいたいきよはらいしき」をされてください。 地域の神社に解体の旨をお伝えして相談しましょう。 次に、解体してすぐ建てるのではなく、土地を一旦自然に帰すことが必要です。 そのためには、一定期間、自然の風雨にさらすことが望まれます。

「増築のとき、木が邪魔になるので切りたいのですが何か注意点はありますか?」

あります。 やむなく植え替えをするか、伐木(ばっぽく)するのだと思いますが、 この場合、木々に感謝の祈りを捧げ、 お清めする「伐木清祓式 きよはらいしき」が必要になりますので地域の神社にて当社で手配を致します。

「塀を作りたいのですが何か注意点はありますか?」

大きく分けて三点あります。 ①家とのバランス。②門柱(出入り口)の方位。そして、③塀の高さなどです。 作る際には、イメージパース(立体的なイメージ図)を作成しますので、ご確認頂きます。 門柱から玄関までの導線は大変重要ですし、塀の高さなどは防犯上の考慮が必要です。

「新築の家に神棚をつけるのですが神社さんに来てもらった方がいいですか?」

当社でお手配致します。 新宅祭といいますが、新築した家屋の各部屋を祓い清めします。 工事の無事完了と家屋が立派に完成したことの感謝を神様に奉告し我が家の安全と繁栄を祈願します。 そして、神棚のお宮をお祓いし、神様をお招きし、お鎮まりいただきます。

「地鎮祭ってしなければダメですか?」

是非、執り行いましょう。 地鎮祭(じちんさい・とこしずめのまつり)は、その土地の神(氏神)を鎮め土地を利用させてもらうことの許しを得るものです。 また、工事の無事を祈る重要な儀式です。

「建前(上棟際)は、しなくてもいいですか?」

住宅の場合、最近は一般的に省略する方が多いようです。 上棟祭(じょうとうさい)、棟上げ式(むねあげしき)ともいいますが、 屋根の一番高い位置にある棟木を取りつけることを上棟(ジョウトウ)と呼びます。 建物の骨組みを組み終わるということで、工事の安全と建物の堅固長久を祈念するものです。

「和室って必要ですか?」

あくまでも考え方次第です。 神様の人数を数えるとき「ひと柱・ふた柱」と数えますが、床の間に立つ柱を「床柱」といい、神様が関係してきます。

「時期や方位」だけでも教えてくれますか?

時期や方位は、家相住宅にとって欠くことのできないものですし、個人によって違うものです。 「今年、建てても大丈夫?」などの様々なご相談に応じています。

「リフォームの相談は出来ますか?」

リフォーム相談も大変多くお受けしています。 これからの予定であれば、家の平面図をお持ちください。 尚、方位が記入されていることが必要です。

「家相間取り図面を作成してもらえますか?」

家相間取り設計図面を新規で作成します。 また、他の建築会社で図面を書いて頂いている場合、その図面を基にお客様のご要望を含めて作成していくことがきます。